カテゴリ:プロフィール( 2 )
新プロフィール
 (2015/6更新)

柳家小春・プロフィール

1991年、名人といわれた寄席音曲師、粋曲の柳家紫朝に弟子入り。
江戸音曲の数々(端唄俗曲、新内)を習得し、寄席出演を経て、
現在は枠に留まらずライブスペースでの演奏活動など活動の幅を広げ、
師匠譲りの粋な芸を伝承する一方で、さまざまなジャンルのアーティストと
伝統と現代の交錯するコラボレーションを重ね共演者の数は百を超える。
2013年よりレゲエと端唄のボーダーレス最新型ユニット"attc vs Koharu"としても活動、
2014年7インチアナログ盤を発売。
http://koharuya.exblog.jp/

e0197417_14444356.jpg

PHOTO/本多晃子



e0197417_17264913.jpg

PHOTO/キッチンミノル
[PR]
by koharu-ya | 2014-03-04 17:29 | プロフィール | Comments(0)
プロフィール
柳家小春


やなぎやこはる

出身地、東京都目黒区。
平成3年、「粋曲」の柳家紫朝に入門し
柳家小春の名前で、寄席出演を経て、
現在はライブスペースなどを中心に
様々なかたちで演奏活動を続けている。
三味線弾語りスタイルで、
江戸の流行り唄、寄席音曲(端唄・俗曲)と
江戸浄瑠璃の新内節。
日本各地で覚えた民謡も少しずつレパートリーを増やす。
珍しい明治の明清楽月琴の演奏。
三味線と声による即興演奏。
2007年より、高円寺の「円盤」月例企画で
柳家小春二人会を毎月最終金曜日に開催、
毎回、様々なジャンルのアーティストをゲストに迎え
コラボレーションをしている、
など自らの三味線音楽の枠を広げている。



その他、海外などでの演奏活動。
2015年3月 、ロシア連邦トゥバ共和国に招かれ再びコンサート。
アルタイ共和国のボロット・バイルシェフ、ハカス共和国のセルゲイ・チャルコフ、トゥバ共和国のオトクン・ドスタイ等と共演。
2011年3月、ロシア連邦トゥバ共和国でコンサート。(超歌唱家 巻上公一さん、チェロの四家卯大さんと共に)
2005年9月、ロシア連邦カルムイキア共和国、語り部フェスティバルに招かれゲスト出演。


2006年公開、男の墓場プロダクション杉作J太郎監督 『怪奇!幽霊スナック殴り込み!』で
全編に流れる三味線音楽を担当。
2009年公開、井口昇監督『ロボゲイシャ』で劇中の三味線曲を演奏しています。
TVCM、2008年 「隔週刊 落語百選 DVDコレクション」サウンドロゴを担当。



『きものはじめて〜普段着の着付け教室』柳家小春/著
http://www.ga-kou.com/kimono.htm
※完売しています。


また、イラストレーター、
イソノヨウコとしての顔をもつ。
http://www.1938.jp/isono/
http://www.1938.jp/
絵本『トリさん』http://www.1101.com/suso/torisan/index.html
『ふうせんくん』『いねむりさまとおねむりさま』購入できます。

セツモードセミナー在学中より、平凡パンチでイラストの仕事を始める。
雑誌や広告、チラシ、CDジャケット、お店のロゴなど、いろいろ手がけております。
ギャラリー工で2004年より毎年6〜7月に「夏の風物展」をスタート。
手刷りシルクスクリーンのTシャツを展示しています。今年2013年で10回目になります。
『昭和に学ぶエコ生活』(市橋芳則 著)河出書房新社/装丁イラスト
『きょうの漬け物』(濱田千香)リトルモア /装丁イラスト
雑誌「 婦人公論」では長寿連載「近況心境」を1998年より担当、連載150回を超えて続いています。
「東京人」「七緒」などでもよく描かせていただいております。
CDジャケットでは、ヒカシューの「転々」、「転転々」、巻上公一「koedarake」、マキガミサンタチ「TOMPAL」
http://www.makigami.com/mkr/tompal.html
http://www.makigami.com/koedarake.html
調布市せんがわ劇場で開催されている
「JAZZ ART せんがわ」のポスターを、2010より毎年描いています。
期間中は駅前の商店街の道筋にカラフルなイラストの旗が飾られます。


お問い合わせ:
i-sono●pop06.odn.ne.jp(柳家小春/イソノヨウコ)
<●に@を入れてください>
[PR]
by koharu-ya | 2009-11-19 01:26 | プロフィール | Comments(2)