新内流し
二日間、雨だった。
落語協会からたくさんの師匠方の花が並んで
通夜には大勢の寄席関係はじめ邦楽関係、御贔屓様かたがた参列してくださり、
今日は土砂降りで、しめやかに、
小菊姉さんと小春の二挺三味線で、
「新内流し」と師匠の出囃子「六段くずし」で
最後のお別れ、お師匠さんを見送った。
弟子として師匠にできる最後の演奏だった。
私は三味線に枷をかけて小バチで上調子をひきながら
はじめて涙が溢れた。
ご親族と弟子達で火葬場まで行って、
その頃やっと雨が上がった。
帰りの送迎バスの窓に差しこんだ西日が眩しかった。



わたしは柳家紫朝の芸が好きでそれだけでやってきました。
稽古場で目の前で師匠の声が聞ける贅沢、そのために弟子になった。
私が知るのは紫朝全盛期の寄席の高座でなく
一度倒れて復帰した後の枯れた芸。
一弟子ではありますが一ファンでもありました。
紫朝の芸との出会いは自分の人生をも変え、
より深いものにしてくれました。
20年間、長いようで短かった。。
師匠はいなくなってしまいましたが
これからも粋曲の名人、柳家紫朝の芸をつたえるべく、
力はないですができることをがんばっていきたいです。
 
[PR]
by koharu-ya | 2010-04-29 00:57 | 徒然 | Comments(2)
Commented by kumako at 2010-05-03 12:26 x
こんにちは。たまにライブなどで聴かせていただいています~

小春さんがご尽力なされた紫朝師匠のCDを繰り返し聞いていましたが、先日、お若いころに唄われた都々逸が収められたCDを地元の図書館でぐうぜん発見し、拝聴しました。

どっから声がでてるんだろう!?と思うような、
驚嘆すべきあまりの色気に悶絶しました。
お若いころの声も本当にすばらしいですね。

1曲しか入ってなかったのが残念で、
もっと色々聴いてみたいと思いましたよ。

私は小春さんの芸とたたずまいが大好きです~!
これからもほそぼそとですが、応援してます。
がんばてくださいね。
Commented by 小春 at 2010-05-04 12:55 x
>kumakoさん
ありがとうございます。
逢いそめてより一日も烏の鳴かぬ日はあれど
お顔見ぬ日はないわいな、、
新内の尾上伊太八の入ったあんこ入り都々逸ですね。
私も入門する前にそのCDを手に入れて繰り返し聴いていました。
遺された音源をCD化などできれば良いのですが。。がんばります。



<< 本日と明後日のライブ 昨日 >>