国展とルーシー・リー
三人展でいつも一緒の
京都在住の織物作家川村成君が、
国展に入選して、 その展示が今日までなので、
国立新美術館に観に行った。http://www.nact.jp/
「ゆらゆら」というタイトルの
やわらかい色彩のブルーにゆらゆらと動きのある柄が
織り出されて、爽やかで、やさしさを感じる
川村君らしい作品だった。


同じ場所でルーシー・リー展もやっていたので
観てきた。この人の陶芸作品はもう、言わずもがな、
ほんとにほんとに、大好き。
http://www.lucie-rie.jp/
高台のしゅっ、としまったところ、シンプルな色と線の模様。
楕円にむぎゅっとしたラインとか、広がり、
軽やかなのにすごく存在感がある。
伝統を感じさせながらも、とってもモダン。
顔も手足もないけど、すっきりしていながら
可愛らしくて優しくて温かみがあって品があって、
女性像みたい。ああこんな女性になりたい、
って器を見て思ってしまう。


3月にはそごう美術館で川喜多半泥子の展覧会を観たけど
これはモノを作る、表現する、いろんな意味で
とても共感がありすごくよかった。
今は巡回して山口県の萩でやってますね。
http://www.hum.pref.yamaguchi.jp/
その前には国宝の曜変天目茶碗も観に行ったし。
なんだか今年は焼物づいている。。


伝統的でありながら、現代に通じるモダンさと洗練された粋、
というのは小村雪岱にも通じるところがある。
そんなふうに、
わたしは自分の伝統音楽をやりたいなあ、
なんて思ったりするのです。



e0197417_11485567.jpg
e0197417_11494765.jpg

[PR]
by koharu-ya | 2010-05-10 17:00 | 徒然 | Comments(0)
<< 6/13柳橋ルーサイトギャラリー 2010年5月以降の演奏予定 >>